toggle navigation メニュー Open・Close

HOME本場スペインの瓦屋根

トップ画像

スペインの住宅・建築の瓦・屋根

愛着を込めて手入れをしながら、次の世代へと伝えて行くこと

愛着を込めた手入れをしながら次の世代へと伝えて行くこと

上記朱書きの表題こそ、スペイン瓦を見た人、スペイン瓦の下で暮らす人の心に響く秘訣かもしれません。
スペインでは、建築材料としての瓦の地位が日本よりも格段に高く、住宅はもちろん、高層住宅や公共建築物など、非常に広範囲に利用されています。
スペインのお住まいの特徴は、以下のとおりです。

  • かつてイベリア半島を支配したイスラム文化が融合し、見事に調和した文化
  • 愛着を込めて手入れをしながら次の世代へ伝えて行くこと
  • 建築物を長い期間にわたって利用し続けること
  • その結果、古いものが良いと言える建物が多数存在すること

スペインの街並み

このページではスペイン瓦のルーツを探るべく、戦前に施工されたような歴史のある建造物を多く掲載しています。
現代のスペイン瓦の製品については、施工例(いままでの実績)でご覧ください。
このページで掲載している建築物の特徴は以下のとおりです。

  • 屋根の瓦も差し替え、葺き替えなどのリフォームを繰り返し、古い瓦を見える部分に用いる等の工夫をしていること
  • 上記ほか様々な理由により、各年代及び色の瓦が1つの屋根を形成し、色鮮やかな屋根を作り上げていること
  • 100年以上経過している建造物が多く見られること(特にトレド)
  • 外壁の漆喰は毎年塗り替えているものがあり、非常に手入れが行き届いていること

【撮影地】 ミハス/マラガ/トレド/アリカンテ

ミハスに於いて

アンダルシア州マラガ県。コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の西海岸に位置し、海岸道路から8キロメートルほど入った山の中腹にある村。
アンダルシア地方に位置し、白い壁とスペイン瓦の屋根で有名。ジブラルタル海峡まで100余km。

マラガに於いて

アンダルシア州マラガ県の県都。人口は56万人で、スペイン第6位。
地中海に面し、リゾート地コスタ・デル・ソルの中心地。画家のピカソの出身地としても有名。

トレドに於いて

カスティーリャ・ラ・マンチャ州の州都で、トレド県(人口約60万人)の県都。
マドリードから南に71kmの距離で、三方をタホ川に面する。
長い歴史を誇り、中世の面影を残す町並みが有名で、実際中世に建てられた住宅も多い。

アリカンテに於いて

バレンシア州アリカンテ県の県都。人口は約32万人。
温暖な気候が続くため、保養地、海水浴場として多くの観光客を集める。

スペイン瓦の見積等、お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3578-0671

受付は平日の9:00~17:00です

To Page Top